Skip to main content

求人に多数応募しているが、面接の段階にはなかなか移行しない。もし年齢があなたの求職活動の障壁となっている可能性があるのであれば、是非本稿をお読みください。 次の求職活動でお役立ていただける、年齢障壁を克服するためのヒントを解説していきます。自分の専門性とスキルを重視する最後に履歴書を更新したのはいつですか? 履歴書はあなたの職歴に関するポートフォリオです。 採用企業が最も重要視するものであり、その後の求職者様との面接プロセスを進めるか如何にもかかわることです。 過去15年間の業務経験を重点的に、関連するすべての職務責任と業績を記入してください。 さらに、履歴書に経歴概要セクションを含めることで、採用担当者は、あなたが有するすべての技術力を参照、過去の業績をチェックすることができます。レジュメのフォーマットに関するヒント:• 論理形式、体裁が整っているか、および明確な見出しを使用する• 履歴書の重要なポイント(タスク、責任、成果)を箇条書きで強調する。• 単なる職務内容の説明ではなく、実際にどのような業務を遂行したか、会社に具体的にどのように貢献したか、および業績に焦点を当てる。 スキルのアップデートを維持する業界における最新の動向を把握することが重要です。 新しいスキルの習得および新しい形式のシステムに適応することは、現在のグローバルな労働力にとって不可欠です。例えば、オンラインクラスを受講したり、同僚や友人に新しいツールの学習のサポートをお願いしたり、といったことができます。これにより、常に最新の競争力を維持し、より一層雇用市場において魅力的な人材となることができます。 異なる雇用形態を検討する契約社員や派遣社員など他の雇用形態での就労を考えたことがありますか? もし求職活動で年齢による障壁を感じているならば、派遣社員、契約社員、パートタイムなど、今までとは異なる形態での働き方を検討してみる価値があります。現在、多くの求職者の間では、派遣職員または契約社員といった働き方がより人気を集めています。それはなぜだと思われますか? 当面非正規雇用者として働くことで、スキルや市場価値を維持でき、また会社に貢献をアピールすることもできます。同時に、後に正社員になる可能性も増えます。 信頼できるリクルーターと密接に連携する通常、採用企業は、さまざまな業界の採用マネージャー同士の強力なネットワークがあり、非公開の段階で人材採用することを目指しています。 そのため、非公開情報をいち早く獲得できる、信頼のおけるリクルーターと定期的に連絡を取り合うことが重要です。信頼のおけるリクルーターは求人市場を熟知、また求職者様の経験を十分理解しており、あなたのスキルを採用企業側に適切にアピールする方法を知っているからです。 アドバイザリーグループでは、年齢に関係なく、スキル、経験、意欲等の選考要素を重視する多くの企業様と連携しています。 通常オンラインや他の求人掲示板には掲載されていない独占案件も扱っていますので、競合は少なく、年齢に関係なくあなたの希望する職に就く機会も増えます!​年齢障壁を見事超えられた求職者様のサクセスストーリーも下記よりお読みいただけます。・経験年数VSスキル・アドバイザリーグループは、見過ごされた能力を有する求職者様のサポートを致します!・シニア人材がもたらす多様な価値とは?・理想の仕事やキャリアを見つけるためには?​お問い合わせ先: info@theadvisorygroup.co.jp or 050-1741-0090​