Skip to main content

競争の激しい雇用市場であなたが際立った人材であると印象付けるためには、入念に面接準備を進める必要があります。以下は、面接準備にあたっての4つのポイントです。是非ご一読ください。1.会社を調査する面接を受ける会社の製品、サービス、最近の成果やプロジェクト、最新のニュースを調査し、どのような会社であるかを知る必要があります。また、面接官の役職、経歴などについても調べてください。会社をよく知り、あなた自身が会社により興味を持つことで、面接官にもその熱意が伝わるでしょう。2.履歴書を入念に見直すあなたの履歴書をもう一度見直し、どの会社でどのような職務を担ったか、その詳細を確認してください。あなたの過去のポジション、経験、そしてになったタスクが、あなたがまさに面接を受けようとしている仕事にどのように関連するかにつき尋ねられるかもしれません。3.インタビューの練習をするさまざまなシナリオや質問の種類を実践することで、自分の回答の中には他のものよりも弱いものがあることに気付くかもしれません。これは研究をする機会であり、それらに答える方法についてよりよく準備されています。4.質問リストを用意する面接の終わりに、面接官から質問があるかどうかを尋ねられます。これは、ポジション、責任、職場文化、会社のビジョンなどに関して適切な質問をするための時間です。質問を前もって準備し、再度自身がそのポジションに適合しているかを確かめてください。アドバイザリーグループでは、アドバイザーがあなたと一緒に面接の準備をし、自信をもって面接に臨めるようお手伝いをしています。お問合せはinfo@theadvisorygroup.co.jpまたは050-1741-0090までお電話ください。