Skip to main content

「なかなか次の仕事が見つからない」「多くの面接を受けたが、まだ仕事のオファーを得ていない」など、転職に際して苦戦していませんか?本稿では、新たなキャリアを掴むヒントを解説していきます。状況を前向きに捉える複数の企業に応募したにもかかわらず、残念ながら選考に漏れてしまった場合、心配したりパニックになったりせずに、引き続き求職活動を続けてください。それと同時に、あなたが選ばれなかった選考上の弱点を分析し、次の面接までに履歴書や想定問答を見直すなど、できる限りの対策をしましょう。また、新しいキャリアを掴むのは、時期やタイミングも大事になってきます。「この会社がダメでもほかの会社とのより良い機会があるだろう」と言って気持ちを切り替えましょう。すべての仕事や会社があなたにピッタリなわけではありません。前向きに考え、希望を持ち続けましょう。派遣・契約社員も視野にいれ活動する派遣・契約社員として仕事につくことは、失業期間が長くなってしまうことよりもずっと良いことです。スキルと人材としての市場価値を新鮮に保つことができるだけでなく、最終的には正社員への道が拓ける可能性もあります。多くの企業は、まず派遣・契約社員という形で一時的に候補者を雇い、最終的に正社員雇用するという方法を採用しています。 もちろん、有期契約労働中であっても、自らのスキルをブラッシュアップしつつ正社員への応募を続けることができるため、いたずらに失業期間を長引かせるよりもリスクの少ない方法といえるでしょう。履歴書に努力を注ぐ履歴書はあなたのキャリアのポートフォリオです。これは、企業があなたに関心をもつきっかけとして、最も重要かつ最初に目にするものです。関連するすべての職責と成果が記載されていることを確認してください。読みやすいフォーマットも重要です。以下のポイントを参考にしてください。 論理形式、クリーンタイプ、明確な見出しを使用する読者が読みやすくするために太字または斜体の書体のみを適用する箇条書きを使用して、履歴書の重要なポイント(タスク、責任、成果など)を強調します。職務内容ではなく、あなたが仕事で何をしたか、どのように会社に貢献したか、そしてあなたの業績に焦点を合わせます面接の準備をする面接は採用プロセスのうちの重要かつ最終のステップです。万全の対策で臨みましょう。チャンスは1回しかありません。面接の前にチェックすべき項目は次のとおりです。面接をうける会社について調べる履歴書の記載をくまなくチェックする面接の練習を行う洞察に満ちた質問を用意するビジネススーツを着用するなど、プロフェッショナルな装いを意識する時間通りに到着する履歴書や面接スキルに不安がある場合は、是非050-1741-0090またはinfo@theadvisorygroup.co.jpにご連絡ください。当社のアドバイザーがあなたの新たなキャリアのチャンスを増やすお手伝いをさせていただきます。